スタッフ紹介 | 株式会社伊東造花が運営する葬式・家族葬のアイ・ホール伊東、メモリアルリビングさくら

スタッフ紹介

  • 古澤喜晴

    代表取締役社長

    古澤喜晴

    1級葬祭ディレクター/終活カウンセラー

    故人様のご遺志・遺族の皆様の意向にしっかりと耳を傾け、常に寄り添い、故人様の最期の儀式を共に作り上げていくことを心掛けています。その人らしさのお葬式、ご遺族の心に残るお葬式となるようにお手伝いさせて頂いています。近年は、様々な形式のお葬式が増えています。私をはじめ当社スタッフと共に、たくさんのご要望にお答えできるよう日々勉強をしております。ご遺族の皆様から「ありがとう」のお言葉を頂けるよう努力してまいります。

  • 古澤隼人

    取締役専務

    古澤隼人

    1級葬祭ディレクター/終活カウンセラー

    葬儀とは亡くなられた方とご家族にとっては「一生に一度しかない大切なお時間」です。限られた葬儀の時間の中で亡くなられた方の遺志やご家族の意向に沿えるように様々な提案をして行く事を心がけております。また「一生に一度しかない大切なお時間」を心ゆくまで過ごしていただけるようご家族に寄り添い一生の思い出に残る葬儀のサポートをしていけるように努力していきます。葬儀が終った後でもご家族が分からない事を気兼ねなく相談出来るような葬祭ディレクターを目指しています。

  • 遠藤亮

    葬祭部 部長

    遠藤亮

    1級葬祭ディレクター/終活カウンセラー

    アイ・ホールの商品は「モノ」ではなく「人」だと感じています。華やかな生花祭壇で故人を見送るセレモニーを行なうことは他の葬儀社でも出来る事!「アイ・ホールで葬儀を行なってよかった」とお客様に感謝された時の感動は他の職種ではない「やりがい」を感じます。年々時代の変化スピードは上がっています。一人ひとりの葬儀・ご家族の思いも様々です。私達スタッフは目の前のお客様に真剣に向き合うことで、悲しみを少しでも良い思いでに変えるお手伝いを行なっていきたいと思っております。

  • 松田偉生

    生花部 部長

    松田偉生

    私は、主にアイホール伊東と家族葬専用会館メモリアルリビングさくらの生花祭壇などを作らせて頂いております。その他にも供花なども作っております。ご家族の方々にはもちろんのこと、故人様にもご満足して頂き喜んで頂けますように心を込めて丁寧にお作りさせて頂いております。これからも、初心を忘れず全力で真心を込めてをモットーにやっていきたいと思います。

  • 飯髙龍平

    葬祭部 主任

    飯髙龍平

    1級葬祭ディレクター/終活カウンセラー

    葬儀にも様々なやり方があり、そのお客様、ご家族様によって特徴も様々です。葬儀は二度やり直すことはできません。ですのでお客様にふさわしい内容をご提案し、ご満足いただけるように努めております。そのためにお客様とのコミュニケーションを大切にしております。葬儀の打ち合わせもそうですが、ちょっとしたお客様とのお話を聞き、精一杯お客様の要望に添えるようにと、いつも心掛けております。限られた時間の中でどれだけ満足して頂けるかが私の務めだと思っております。今後も初心を忘れずに一つずつ丁寧に施行して参ります。

  • 鈴木辰明

    葬祭企画部 部長

    鈴木辰明

    1級葬祭ディレクター/終活カウンセラー

    お客様と私達とでは葬儀に関する情報や知識には大きく差があります。私自身父親が他界した時、何も分からず不安や焦りでいっぱいだった事を覚えています。この仕事に就いた頃にも、やるべき事やスタッフ間での専門用語など理解出来ない事が沢山ありました。病院へお迎えに上がらせて頂くときやご自宅に伺う時には先ずあの頃の自分を忘れず、分かりやすくかみ砕いた言い回しを用いてお伝えし、それぞれのご家族にあったベストアンサーをこれからもご提案していきたいと思っております。

  • 神明浩二

    葬祭部

    神明浩二

    終活カウンセラー

    ご葬儀をする際はいろいろやる事が多く大変です。そのうえ大切な方を亡くしているのですからご家族に掛かる負担と不安はかなりのものだと感じます。その負担と不安を私たちが少しでも和らげるお手伝いができるよう努力しております。お客様が満足してアイ・ホールに頼んで良かったと思って頂けるよう気配りや心遣いができるようより一層努力したいと思っております。ご家族の方々が安心できるようそして大切な方が安らかに旅立てるように全力でサポートいたします。まだまだ勉強不足ではありますがよろしく御願いします。

  • 輿石 匠

    葬祭部

    輿石 匠

    終活カウンセラー

    私はこの仕事をするにあたり、アフターサービスに力を入れていきたいと思っております。葬儀の後はお疲れでしょうが、やらなければならない手続きや、法要のご準備、町内会への御挨拶等々、数多くございます。もちろん御葬家でもできますが、手続き漏れや、間違いなども起きてしまいがちです。葬儀が終わったら葬儀社の仕事はおしまいではなく、葬儀後も安心のアフターサポートをしていきますので、お気軽にご相談して頂ければ幸いです。

  • 小森靖仁

    葬祭部

    小森靖仁

    終活カウンセラー

    この仕事を始めるまでは「葬儀なんてどれも同じだろう」と思っていました。ですが、今まで葬儀に立ち合わせて頂き、一つとして同じ葬儀はなく、葬儀には大切な方へのそれぞれの思いが詰まっているのだということを深く感じさせられました。大切な方との最期のお別れを悲しい、寂しいというだけの時間ではなく、たくさんの想い出や「ありがとう」の溢れる温かい時間にしていただきたいと思っております。そのために、お客様の想いをかなえるお手伝いを精一杯させて頂きます。

  • 梅原綾子

    葬祭部 セレモニーレディ課

    梅原綾子

    終活カウンセラー

    私は転職を機に葬儀社で働かせていただいております。入社してすぐにはこの職業の独特な雰囲気に戸惑う事も多く、仕事をこなす事で精一杯でした。入社して一年が経とうとしている今は、周りの方達の支えもあり、落ちついた姿勢で仕事に取り組む事ができて来た所だと思います。昨年、祖母が亡くなり、自社で葬儀を行い、私自身が遺族側としてお客様の立場となりました。上司や先輩方の丁寧で誠実な対応に安心して式に望む事が出来ました。私も今まで以上にご家族の気持ちに寄り添い、安心しておまかせいただけるスタッフを目指して精進して行きたいと考えています。

  • 高見茂弘

    葬祭部 主任

    高見茂弘

    終活カウンセラー

    平成13年のアイ・ホールオープンの時に入社しましたので、もうすぐ16年目になります。真心を込めてをモットーにご葬儀の担当をさせて頂いておりますこの16年間で多くの御葬家と出会い、お叱りを受けた事、またお褒めの言葉を頂いた事、それら全てが自分を成長させてくれたように思います。これからも初心を忘れずに全力でやっていきたいと思います。

  • 村松美千留

    葬祭部 セレモニーレディ課

    村松美千留

    終活カウンセラー

    当初、私は葬儀業界には全く興味がありませんでした。しかし、高校生の時に祖父を亡くし、初めて親族としてアイ・ホールでお葬式という場に立ちました。その時に先輩方の親切な対応で、無事お葬式を終えることが出来ました。それからは、今までの自分のお葬式に対する価値観や、在り方が変わり、今までは何てことのないものだと思っていましたが、祖父のお葬式を通じて、ゆっくりとお別れする時間や、故人を偲んで集まる時間の大切さを実感しました。皆様にもご葬儀を形式的にとりおこなうだけでなく、心の整理をつける場として、大切な時間、空間づくりをしていきたいと思います。

  • 稲葉悠馬

    葬祭部

    稲葉悠馬

    ご家族を亡くされたご遺族様は深い悲しみの中、葬儀を執り行うには、戸惑うことも多々あると思われます。私もこの会社に入社する前に祖父を亡くし、当社のスタッフの方にとても親切に対応していただき、安心して祖父を送ることができました。私は入社して日が浅く、仕事の面ではわからない事ばかりですが、当社の先輩スタッフのようにお客様の気持ちに寄り添い信頼されるスタッフを目指し頑張っていきたいと思います。

  • 佐々木もも

    葬祭部 セレモニーレディ課

    佐々木もも

    私は、この職業のことを全く知りませんでした。だから、葬儀はそこまで大切なことではないと思っていました。ですが、今はとても大切なことだと思うようになりました。葬儀を行うことによって言葉ではなく葬儀という形で遺族の方や会葬者のひとたちを励ますことができると思います。だから、一日でも早く仕事を覚えて私が出来ることを増やしていきたいと思います。

     株式会社伊東造花が運営する葬式・家族葬のアイ・ホール伊東、メモリアルリビングさくら